生え際を前進させるために必要なこととは?

生え際を前進させるために必要なこととは?

 

 

生え際は一度後退し始めると、なかなか前進はしてくれませんよね。

 

前髪の脱毛をストップしたい、前髪のラインを少しでも持っていきたいという時にはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず、生え際の皮膚は固くなりやすいという認識が必要です。

 

頭皮の中で顔に最も近く、表情の変化に引っ張られやすい生え際の皮膚は固くなりやすいとされています。

 

皮膚が硬くなると血行が悪くなるため、髪の成長に必要な栄養分が行き渡りにくくなってしまいます。

 

また生え際の頭皮には、もともと毛細血管の数が少ないというデメリットもあります。

 

良い育毛剤や薬品を使っても、毛細血管が少ないことは覆せませんから、生え際の薄毛症状は治りにくいとされているのです。

 

ですから、まずは皮膚を柔らかくして、血行促進を行う必要があります。

 

髪を洗うときや育毛剤を塗るときに、やさしく指圧マッサージをするといいでしょう。

 

毛細血管の中を栄養分やミネラルが運びばれやすい状態にしていきます。

 

そして同時に生活習慣も改善していくと効果的です。

 

特に喫煙の習慣はすぐにでもやめたほうが賢明です。

 

タバコを吸うと血管が収縮するため、髪の健康を阻害する一番の原因と言っても過言ではありません。

 

 

生え際に効くと話題の薬用育毛剤【イクオス】

 

 

 

人気度、有効成分の豊富さで生え際対策に期待できるのがイクオスです。

 

安心してしっかり使える植物由来成分を厳選して配合。

 

医薬部外品認定された育毛・発毛促進のための育毛アイテムです。

 

 

 

 

頭皮が硬いと髪の毛は生えてきにくい生え際の薄毛

 

M字型の薄毛は改善が難しいとよく言われます。

 

「生え際だって頭のてっぺんだって、毛が抜けるのは同じでしょ?」と思われる人もいるとは思いますが、生え際の毛が薄くなる独自の理由というのもあるんですね。

 

それは生え際周辺、つまりおでこ部分の“皮膚の硬さ”に関係があるのです。

 

頭のてっぺんと違って、おでこの皮膚は顔に近いので、表情の変化につられて引っ張られることが多いです。

 

引っ張られ続けると皮膚は硬くなってしまいます。

 

柔軟性を失った皮膚は血の巡りが悪くなり、血液が運んでくる栄養分が行き届きにくくなってしまうのです。

 

つまり髪の毛に栄養を与えるためのライフラインが途切れてしまう、ということなんですね。

 

しかも、生え際はもともと毛細血管の本数自体が少ない場所でもあります。

 

ですから、そのうえ血行が悪くなりやすいということは、髪の毛が生存するためには厳しい環境なんですね。

 

そのように頭皮環境が悪くなりがちな場所ですから、日頃から頭皮マッサージをするなどの脱毛予防対策が重要となります。

 

マッサージすることで皮膚が柔らかくなり、血行も促進することができます。

 

育毛剤のなかにも育毛成分だけでなく、頭皮環境を整える成分が配合されているものもあります。

 

生え際薄毛に特化した育毛剤もいろいろとありますから、頼ってみるのもいいかもしれません。

 

トップへ戻る